女性が1番気になる、スキューバダイビング中のトイレに4ケースの答え

女性の方が聞きたいけど1番気になるスキューバダイビング中のトイレってどうすればいいの?

女性の場合、ダイビング中のトイレはとても心配される方はいらっしゃいます。車で移動中はどうするの?海に潜っている時はどうするの、船に乗っている時はどうするの?海屋では女性スタッフも多いため、いつでもお声掛けいただいて対応いたします。また、特によくある4つのケースの場合も下記に記載しておきますのでご参考ください。

1.ビーチダイビングなどで陸地が近い場合
2.ボートダイビングなどで船での移動がある場合
3.ダイビングライセンス講習を受けている時
4.ウェットスーツを着ている場合

1.ビーチダイビングなどで陸地が近い場合

ダイビングポイントにトイレがない、又はトイレまで距離がある場合がほとんどです。なので、トイレに行きたい方は事前にスタッフにお知らせいただくことで、ポイント到着前に最寄りのトイレに寄ることができます。

2.ボートダイビングなどで船での移動がある場合

移動が長い場合のボートはトイレがついています。例えば那覇からケラマ諸島まで30分~1時間ほどボートに乗りますがトイレがついているので安心です。移動がわりと近い恩納村方面のボートはトイレがありません。港のトイレがございますのでこちらをご利用いただけば大丈夫です。

3.ダイビングライセンス講習を受けている時

ライセンスの講習中は基本的にトイレに行くことができません。もちろん休憩時間にいくことも可能です。ただ、今いる場所からボートや岸まで距離がある場合もございますし、深い深度だと減圧をしながら浮上する必要があります。また、複数人でダイビングしている場合、一人がトイレに行きたいからと言って全員を浮上させるわけにもいきませんし、どちらかのみ単独行動というのもできません。

しかし、どうしてもの時はないわけではありません。では、みなさん、そういう時、どうされてるかというと、海の中ですまされるかたが多いです。それ以外で本当に緊急の場合は、すぐにお知らせください、スタッフがすぐさま対応いたします。

4.ウェットスーツを着ている場合

ウェットスーツを着ている場合は、一旦、脱いでいただき用を足すことになります。ただ、3で述べた理由もありますが、ウエットスーツは脱着が大変なので、一々ウエットスーツを脱いでトイレまで行くのがめんどくさいという方も多いです。ですからできるかぎり事前にすませておくことをおすすめいたします。

スキューバダイビング中のトイレについて

それぞれのケースに共通することですが、ダイビングの時間は水中に15〜30分程度です。ですのでほとんどのケースでトイレについて気にすることはありません。とはいえ一番は事前にトイレにいっておくことをおすすめいたします。