失敗しないライセンス取得

はじめてのライセンス取得で

失敗例1:自分一人が初心者だったため周りに合わせて、突然難しいコースへ変更され、とても大変な目に会いました。

ポイント:当ショップは初心者専門で10年以上の実績があります、難しいコースへ行くことはございませんので安心です。 また、オープンウォーターコースはダイビングが初めての方を対象としたコースですので、体験ダイビングやシュノーケルをやった事がない方でもお気軽にご参加いただけます。 さらに、ご不安な場合は、まず、体験ダイビングで参加するのも良いです。

失敗例2:知り合いに器材を買わないとライセンス取得ができないと言われ、器材をそろえましたが、結局使わず無駄になってしまいました。

ポイント:ライセンス取得して20本ほどダイビングしてから器材を買うことをおすすめします。ダイビングの器材は高価なものもあるため、合わない器材を買ってしまうと無駄になることがあります。 初めてや初心者の方は、あわてて器材を買わなくても良いと思います。当ショップでは基本的な器材はレンタル無料ですのでお気軽にご利用下さい。

予約してみたが

失敗例3:他店にて60歳以上でも参加できると説明を受け、当日、現場へ行きましたが、年齢を理由に断られてしまいました。

ポイント:当ショップでは、満15歳以上の健康な方ならどなたでも参加できます。もちろん60歳以上の方でも参加できます。先日は、68歳の方が取得され大変喜ばれていました。 ただ、年齢でダイビングができないという事はございませんが、現在薬を処方されている場合や、HPの病歴声明書に該当事項がある場合は、医師の診断書が必要です。病歴声明書についてはこちらをご確認ください。

失敗例4:他店にて送迎サービスがあると聞いて予約したのですが、前日になり自分が宿泊しているホテルは遠いので送迎できないと言われ急遽レンタカーを手配する羽目になりました。

ポイント:当店の送迎範囲は那覇〜宜野湾間です。それ以外は必ず事前にご相談下さい。ただ、ほとんどのお客様が那覇市内にご宿泊されているので、那覇市内の送迎が優先です。 周りに飲食店等も沢山ございますので、那覇市内のご宿泊がオススメです。

失敗例5:宿泊先が併設されたショップでダイビングしたのですが、部屋が汚くて最悪でした。

ポイント:安い料金のホテルには安いなりの理由がございます。ホテルの写真や料金だけで決めてしまうのではなく、口コミ等もしっかり確認しましょう。シーズンオフの時期は、安くても良いホテルがたくさんある場合も多いのですが、シーズン中は、高くてもイマイチなホテルがあります。

テストに落ちてしまった

失敗例6:事前学習用の教材が届いたが仕事が忙しく勉強する時間が取れず、現地でテストに落ちてしまった。

ポイント:当店では現地学科講習もございます。(別途、4,000円)自分で学習するのが不安な方や、勉強する時間が取れない方は、現地でスタッフがポイントをまとめて学科講習を実施する事もできます。

失敗例7:受講すればライセンスが取れると思っていたのですが、当日他の人についていけず途中リタイアしてしまいました。

ポイント:体力に自信がない方や、他の人と同じペースがきつい方にはマンツーマンコースをオススメいたします。(別途、1日8,000円) 人にはそれぞれペースがございます。習得が早い人もいれば時間がかかる人もいます。ある程度は時間のかかる方に時間を割く事は可能ですが、他にもお客様がいらっしゃるのでいつまでもというわけにはいきません。 ただし、そういった方でも時間をかけて、自分のペースでやれば合格できる方がほとんどなので、お気軽にお問い合わせ下さい。

こんな時は

失敗例8:友達と2人で参加予定で、予約時に友達のサイズをだいたいで伝えていた為、当日ウエットスーツが入らなかった。

ポイント:事前にメールなどで正確なサイズを皆様でご確認いただくようお願いいたします。当ショップでは予約していただいた時、予約確認メールが届きます。そのメールをご友人やご家族の方へ、メールやLINEで転送して確認いただくなどがスムーズです。※器材はお店から事前にご用意して海へ運んでいます。サイズが違って入らなかった場合、あいにく替えのサイズもございません。ご予約の際、正確なサイズをお伝えいただくようお願いいたします。

失敗例9:天気予報を見ていて、自分の参加する日に沖縄に台風が近づく予報になっていたので、キャンセルしたところ、参加予定日だった当日に台風がそれて沖縄にあたらず、通常通りダイビングができた為、キャンセル料金を支払いました。

ポイント:ご心配な場合はまずご連絡ください。天候を気にされるのはわかりますが、自然の中でのスポーツですので、いつもベストコンディションというわけではございません。ご自身で判断せず、一度ご相談下さい。 もちろん安全が確保できない様な状況での実施するという事はございませんので、ご安心下さい。 また、台風に関しましても、予報はあくまでも予報ですので、台風ができた直後の予報だけでは判断できないこともあります。台風が近づく日にちがずれたり、台風の進路が変わったりする可能性は多いにございます。 従って、ダイビングができるか否かの最終判断は早くて前日、だいたいが当日の朝になってしまいます。 特別処置としては日程変更を受けたわっておりますので、日程変更でしたらキャンセル料がかかることはございません。(但し、次の日程が決まってない場合は、先に料金をお支払いただき、日程が決まり次第ご連絡をいただいております。)

失敗例10:到着後でも参加できると聞いていたので予約したら、自分の到着時間が13時過ぎだった為、当日参加できなかった。

ポイント:午後のスタート時間は概ね12:30からです。空港から現地への移動時間もございますので、11:30までには那覇空港へ到着する便をご利用下さい。 それ以上に遅い便での到着の場合は、一度ご相談下さい。

失敗例11:一人で参加するのが不安で、一緒に行く友達を探していたが中々見つからず、結局申込みができなっかった。

ポイント:一人でご参加される方は沢山いらっしゃいますし、実際友達と一緒に参加しても、友達も同じ内容を受講しているので、何かあった時に助けてくれるわけではございません。 お一人様でご予約いただいても、スタッフがお客様に寂しい思いや、不安な思いをさせない様、お手伝いいたしますので、安心してご参加下さい。

失敗例12:友達からPADIじゃないと海外で使えないと聞いていたので、PADIのお店で受講したらかなり高額の講習代金を支払う事になってしまった。

ポイント:確かに、PADIは各指導団体の中で一番ダイバー数が多い団体です。とはいえPADI以外のカードでも国内外で使えます。 また、PADIの場合教材を強制で購入しないといけないので、どうしても料金は高くなってしまします。

失敗例13:アドバンスで予約していたのですが、当日ライセンスを持っていない事を伝えると講習に参加できなくなってしまった。

ポイント:アドバンスドオープンウォーターの受講条件は、オープンウォーターコース合格認定が必須となっております。事前にオープンウォーターのCカードを持っているかご確認下さい。各コースの参加条件を予約時に必ずご確認下さい。